イベント情報 セミナー情報 メンバー情報発信コーナー フラッシュ〜自立に挑むレディ過去の活動
メンバー情報発信コーナー

「日本」を学ぶ 二十四節気と七十二候

太陽太陰暦とともに古代中国より伝わった暦。太陽の動きを基に作られ、1年を24等分にしたものを二十四節気、これをさらに3等分したものを七十二候。それぞれに季節の移ろいを細やかに表した名称があてられ、時代や地域によって様々に変化しながら、農耕や漁など暮らしの目安として使われてきました。
このコラムでは二十四節気と七十二候とともに、その季節を感じる俳句を紹介いたします。

【二十四節気】 
大暑(たいしょ) (7月23日〜8月6日)


一年の内で最も暑さが厳しくなる時季です。蝉の鳴き声が大きく聞こえるようになり、各地で大小さまざまな花火大会が行われるなど、まさに夏本番といった季節です。

[七十二候]大暑 初候 7月23日〜7月27日

桐始結花 きり はじめて はなを むすぶ

5〜6月に花を咲かせる桐に実がなり始めます。桐は古来より神聖な木とされ、その花は豊臣秀吉ら天下人にも好まれ、現在も日本国政府の紋章に使われています。

朝よりの大暑の箸をそろへおく
あさよりのたいしょのはしをそろへおく 長谷川素逝
解説:早朝から日差しが強い大暑の日に、猛暑を乗り越えるため、しっかりと食べようと考えたのでしょう。朝から少し気合を入れて食事に臨んでいる様子がうかがえます。

[七十二候]大暑 次候 7月28日〜8月1日

土潤溽暑 つち うるおうて むしあつし

時折降る雨によって湿った地面から陽炎が立ち上り、蒸し暑くて熱気がまとわりつくような季節です。草木の成長はますます盛んになっていきます。

冷酒やはしりの下の石だたみ
ひやざけやはしりのしたのいしだたみ 宝井其角
解説:夏の暑い日に冷酒を飲みながら、はしりを流れる水や石畳の様子を眺め、言葉遊びをするように句作に耽っています。酒好きで有名であった其角らしい一句。

[七十二候]大暑 末候 8月2日〜8月6日

大雨時行 おおあめ ときどきふる

台風や夕立など、激しい雨に見舞われる頃です。夏空にわき上がる入道雲は夕立を予感させますが、夏の象徴的な存在です。雨でも衰えない暑さは、盛夏ならでは。

翠巒を降り消す夕立襲ひ来し
すいらんをふりけすゆうだちおそひきし 杉田久女
解説:突然降りだした激しい夕立に視界が遮られ、連なる緑豊かな夏の山々が見えなくなってしまいました。夏の午後の劇的な天候変化の瞬間を巧みにとらえた句です。

このページの先頭へ